女の人

おりもの臭いは洗浄方法を改めることで改善可能

病気のサイン

悩むレディ

おりものの臭いや色というのは、身体の健康状態を反映しています。正常時のおりものは、透明や乳白色なのですが、病気が原因で黒色やピンク色になることもあるのでチェックしたほうが良いです。おりものがピンク色になる原因の1つが、血液です。血液とおりものが混ざるのは、良くあることなので異常ではないのですが、病気が原因で血液が混ざっている可能性があるので気をつけるべきです。子宮頸がんや子宮体がん、子宮頸管ポリープなどの病気にかかった場合、不正出血を起こしておりものがピンク色になる可能性があります。また、子宮頸がんや子宮体がんは、不快な臭いを発生させることもあります。このようにおりものの色や臭いというのは、病気に早く気づくサインでもあるので、普段から確認しておいたほうが良いです。

おりものが、腐ったような強烈な臭いがしている場合は、トリコモナス膣炎になる可能性があります。トリコモナス膣炎になった場合は、臭いだけではなく、かゆみがあったり、黄色のおりものが出たりすることが多いです。水っぽいおりもので、通常よりも量が多いと感じる場合は、クラミジア頚管炎の可能性があります。クラミジア頚管炎を放置していると、発熱や下腹部痛を引き起こす危険性があるので早めに病院を受診するべきです。治療が遅れてしまうと、不妊症の原因になることもあるので気をつけたほうが良いです。おりものに関する知識を持っておくと、自分の身体の状態や病気に気づけるので知っておくと役に立ちます。